4/21〜4/27

 説明に従ってヘルメットを被る。途端に凄まじい恐怖が込み上げてきた。身体の芯につららを差し込まれたかのような感覚、成長痛のような膝の痛み。とにかくどこかへ走って逃げ出したい、あるいは大声でデタラメなことを叫び回りたい。幸い私がおかしなことを始める前に後ろからヘルメットが外され、私は生き恥を晒さずに済んだ。
「凄い技術ですね」
 素直な感想を口にする。ヘルメットを外してからもしばらくは身体の中には厭な感覚はしばらく残っていた。感情自体を再現して追体験させることが出来ると事前に説明されていたが、まさしくその通りの代物だ。
 何より怖いのは、怖い対象が何か分からないというところだった。怪物や化け物が怖いならそれに対する心の備えというものがあるし、沈黙や暗闇が怖いというのも、原因があるがゆえの安心した恐怖と言える。しかしこの装置では、具体的な恐怖の理由がないのに恐怖の感情だけは湧き出してくる。自分の感情が自分の置かれている状況と乖離している違和感。あたかも感情そのものが自分のものでなくなったかのようなような気分になり、そのこと自体が更なる恐怖を産む二重構造が存在した。
「ふふん、凄いでしょう? これで全てのエンタメは新次元に到達しますよ」
 開発者は私の反応を見て御満悦だ。
「確かにこのレベルでの感情共有が可能になるなら、これからの作品はもっと感情表現については工夫の必要があるでしょうね」
「でしょう? これからはもう感情移入の時代じゃないんです。我々とこの技術が感情追体験時代を築きます」
「んーしかし、そこまで普及しますかね?」
 水を差すようで気が引けたが、率直な感想をということだったので私は正直に述べることにした。
「これだけ感情がリアルになると、コンテンツ自体からユーザーが離脱しちゃいますよ。『あれ、こんなしょっぱい表現でこんなに怖いなんておかしくないか?』って」
「そうおっしゃいますか。まあいいでしょう。どちらが正しいか、半年後の普及率を見れば分かりますからね」

 半年後の普及率はほぼゼロだったが、かといって私が正しいというわけでもなかった。感情追体験ヘルメットは販売を規制されて廃盤となったのだ。覚醒剤やドラッグの快感情を再現するデータが新種の電子ドラッグとして闇ルートで蔓延するようになってしまっては無理もない。人類は今のところ、まだ感情追体験時代を拒み続けているようだ。