4/28〜5/4

「この前指摘したのと同じミスだろう! 何度言ったら分かるんだ、大体……」
「失礼しますっ!」
 課長の激しい詰め。それ自体はいつものことだったが、詰められていた主任が突如声を上げて退出したので私は驚いてそちらを見た。
「なんだ、浅村。私の顔になにかついているのか?」
 課長がこちらの視線に気付いて名指ししてきたので、慌てて首をブンブン振る。
「と、とんでもないですっ!」
「ならとっとと仕事に戻れ! うちは油屋じゃないんだからな!」
「はいっ!」
 危ない危ない、とばっちりを食らうところだった。ちらりと入口に目をやると、主任が戻ってくるところだった。出ていった時はまさに死にそうな顔をしていたのだが、今はなんだかスッキリと晴れやかな顔をしている。たかだか30秒外に出ただけなのに凄い回復力だ。
 昼休憩で主任と休憩室(喫煙ルーム)で一緒になったので何をしていたのか聞いてみた。
「まさか、変なクスリとかじゃないですよね?」
「はっはっは、そんな大したものじゃないよ。トイレでちょっと吐いただけ」
「吐いた? 吐くほど気持ち悪かったんですか?」
 そういえば部屋を出たときに口元を抑えていたような気がする。
「いや、確かにキツかったけど、吐くほどじゃない。でも気持ち悪くなってから吐いても遅いからね」
「はあ」
 私は経験がないが、酷い詰めを受けると気持ち悪くなるものなのだろうか。ていうかそれ、事前に吐いてなんとかなるものなのか?
「早めに吐いておけば詰めの毒素が身体に吸収されずに済むからね。良かったら吐く方法、教えてあげようか?」
 主任の理論はよく分からなかったが、どうやら吐くことで元気になるらしい。吐き方の教授は丁重にお断りした。

 課長の詰めと主任の吐き(と呼んでいいのかは知らないが)は日常茶飯事らしく、課内で話題になることはほとんどなく、私も次第に気にしなくなっていった。そんなある日、主任が倒れた。課長から詰めの真っ最中の出来事だった。
 流石の課長も血相を変え課内が騒然となった。課長代理が呼んだ救急車に運ばれていく途中で、主任が息も絶え絶えに一言言った。
「これが急性詰め中毒か……吐くの遅かったかなぁ……」
 課長が後から乗り込み、救急車が発車した。それを見送るときに、誰かが呟くのが聞こえた。
「いや、過労と適応障害でしょ」