5/5〜5/11

「あの、お願いです先生、どうか……」
「くどいな。何度聞かれても同じ答えをするだけだ。私は本人を直接見てからでなければ判断しかねると」
 男が目の前のドアを開け放つ。カーテンがピッチリと閉じられた中は明かりもなく、辛うじて人の顔が判別出来る程度。その中心に、人影がうずくまっているのが確認できた。
 尻込みする母親を置いて、ツカツカと部屋の中へ入っていく男。人影の脇にしゃがみこんで、顔を覗き込みながらこう尋ねた。
「お兄さん、あんた、大学に行きたいかい?」
 人影は少しの沈黙ののち、静かに頷いた。

「受講費用は1000万だ」
 応接間に戻って母親と対面した男は開口一番そう言った。
「そ、そんな大金、用意出来ません! 先生もご覧になったでしょう? もう中学校以来マトモに外に出てもいないんです! あの子が社会に復帰する、唯一のチャンスだと思うんです……」
「奥さん、私は慈善事業をやっているわけじゃないんでね。こっちだって無免許の家庭教師という危ない橋を渡ってるんだ。いいか、受講費用は1000万、これ以上はビタ一文まからんね。これでも適正料金の積もりだよ」
「主人に……主人に相談させてください……」
 母親は立ち上がる男の足に縋りついて、なんとかそう言うので精一杯だった。
「いいだろう……だが覚えておくがいい、もう入試本番まで1年もないんだぜ」
 そう言い残すと男は去っていった。

 2週間後、男は再びその家を訪れた。今回は母親だけでなく父親もいて、男に頭を下げた。
「どうかお願いします。息子を助けてやってください」
「支払いを待っていただければ、時間をかけてでも必ず払います」
 両親の土下座を玄関先で眺めながら、男は冷ややかに言った。
「じゃあ私が即金で今すぐ寄越せと言ったら? おたくらは諦めるのか?」
 母親は顔を青くして黙っている。ここも駄目か、そう男が思った瞬間、父親が震える声で言った。
「即金で必要ならば……私どもの腎臓と角膜を売ります! それで足りなければ足りるまで臓器を売ります! なんとしてもお金は作りますから! ですから息子だけは……息子だけは……っ」
「その言葉が聞きたかった」
 男は両親の手を取ると、静かに立ち上がらせた。
「息子さんの受験はお任せください、ご両親。私の手にかかれば大学など容易いものです」
 のちに『稀代の受験詐欺師』と謳われる、裏口入学の専門家、ブラック・ティーチャーの誕生であった。