8/4〜

 離れの掃除を終えて戻ってくると、息子の靴が玄関に脱ぎ散らかされていた。またこっそり帰ってきたのか。
「こら! 帰ってきてるならちゃんとただいまって言いなさいよ!」
 奥に向かって大声をかけると、意外にも台所の方から、おう、とも、うん、ともつかぬ返事が返ってきた。普段は私に怒られないうちにこっそりゲームをやるために二階に逃げていくのだけれど。お菓子でもつまみ食いか? もしそうなら、こっそり食うのはやめろと言ってやらなくては。
 そんなことを思いながら台所に入ると、冷蔵庫の真ん中の棚から尻が生えているのを見つけた。時々もぞもぞと左右に動いている。こっそり近付いて様子を伺ってみると、どうやら何か探しているみたいだ。開けっ放しだと庫内の温度が下がるからやめて欲しいのだが。
「何してんの、そんなところで」
蠢く尻に向かって声をかけると、尻はビクン、となって動きを止めた。怒られると思っているらしい。もう一度聞こうと口を開くと、息子は先手を打って謝ってきた。
「ごめんなさい!!」
「いや謝らなきゃいけないことがあるなら後で聞くから。先に質問に答えて欲しいな」
「……」
「冷蔵庫で探し物? 何か欲しいの?」
 私が再度詰問すると、尻は一瞬だけ緊張でピチリと締まり、その後は観念してだらりと垂れ下がった。
「……マークがね、10点いるの」
「マーク?」
「なんか、食べ物についてる何とかマーク? って奴を、クラスで集めるんだって。一人10点が目標で、明日回収するから持ってこいって」
「よし、とりあえず冷蔵庫から出て話しようか」
 話しぶりに合わせてピョコピョコ尻が動く。息子の尻芸に耐えられなくなった私は、ひとまず息子を冷蔵庫から引っ張り出した。
 申し訳なさそうな顔をして息子が出てくる。もう思うならやるなよ。最初から相談しろと。
「で、見つかった?」
「……見つかんなかった」
 哀しそうに言う息子。そりゃそうだろう。私は部屋の奥から菓子の空箱を取り出した。
「欲しいんでしょ? 上げるよ」
「え? いいの?」
「いいとも」
 我ながらなんとも恩着せがましい言い方だけど、マーク集めなんて毎年決まった時期にあるに決まってるのだから、予めこうして貯めておいただけだ。
 子を助けるのも親の努め、ってね。テレマークポーズを取る人間の剥製を笑顔で見つめる息子を見つめながら、私も思わず笑顔になった。
 悪魔の世界は、今日も平和だ。