9/1〜9/7頃

 休日の駅前広場と言えば人混みを探すにはうってつけだ。この日もご多分に漏れずもの凄い人出の中を歩き回る一人の少女がいた。高校生か大学生ぐらいだろうか、化粧っけの少ない顔にTシャツチノパンキョロキョロと辺りを見回しているところを見ると人を探しているようだ。やがて見つけたのか動きを止めると、その場で今度は携帯を取り出した。そのまましばらく立ち止まって携帯の画面を操作していたが、やがて納得がいったか、近くにいた一人の男のもとへと駆け寄った。
「えっと……『MAKIGAI』さん、ですよね?」
「あ、はい、『MAKIGAI』ですー。そちらは……『ピーマンカフェ』さんですか?」
「はい、『ピーマンカフェ』です。すいません、遅くなりました」
 少女はペコリと頭を下げると、もう一度辺りを見渡した。
「あのー、他の人たちは……?」
「あーそれなんだけど」
 『ピーマンカフェ』と名乗った少女がそう聞くと、『MAKIGAI』と名乗った男は曖昧に笑いながら頭を掻いた。
「なんか、皆さん急用が入ったり具合が悪くなったりして来られなくなったんだそうです。だから今日は僕たちだけです」
「えっ、そうなんですか!?」
 少女が驚くと、『MAKIGAI』は申し訳なさそうな顔をした。
「なんかすいません。折角のオフ会なのに僕みたいな年増一人だけなんて……なんならまたオフ会はまた別の日ということにして、ということでどうですか? 『ピーマンカフェ』さんもおっさんと二人っきりは辛いでしょうし」
 少女はそれを聞いて思案顔で携帯を弄っていたが、やがて顔を上げた。
「いや、私は別に構いませんよ。まあ人数減ったんで当初の予定通りにはいかないですけど、折角来てくださったんですし、軽くご飯食べたり見て回ったりしましょう」
 こっちです、と少女が前に立って、少し怪しい二人組は移動を始めた。そのままどこかの飲食店にでも入るのかと思いきや、少女は裏路地のような場所へと入っていく。立ち止まった場所にはまだ付いていないネオンサイン、そして『休憩:5000円』の看板。少女が振り返るなり、二人の声が揃って叫んだ。
「警察だ! 動くな!」
 手帳と手錠を片手に決めポーズで向かい合う二人。沈黙が場を支配した。
「……出会い厨未成年淫行キモ親父だったんじゃあ?」
「そっちこそ、SNS家出援交少女かと……」
「アホかっ! 私はもう二十歳だ!」
 女の声が虚しく路地裏に響いた。