9/8〜

「このダンボール、ここでいい?」
「あ、そこで大丈夫です! いやーすいませんね、色々手伝ってもらっちゃって」
「構わんよ。それより、こんなに用意して大丈夫なん? 寮生は結構帰省しちゃってると思うんだが……」
 先輩の言う通り、BBQ準備に勤しむ寮生の姿はまばらで、用意された肉や皿に見合っていない。本来左団扇のはずの先輩にお願いしてまで準備にかり出さなくていけないのもそのせいだ。幹事代の学年としては恐縮するばかりだ。
「一応、近隣の住民の方とか、近くの他の学生寮とかにも声は掛けてあるんで、もうちょっと増えるかなと。ぶっちゃけ、あんまり期待は出来ないですけど」
「無理無理、来るわけないって。誰が好き好んでこんなむさくるしい男だらけの場所に来たがるのよ」
「まあ、ですよね。分かってるはずなんですけど」
「じゃあなんでこんなに用意したんだよ」
 流石先輩、容赦なく突っ込んでくる。
「ま、まあタダ飯に釣られて人が増えるかもしれませんし! 先輩も、気が向いたら友達とか呼んでもらって全然構わないんで!」
「結局そうなるよな……」
 先輩はしばらく黙ってこちらを見つめていたが、やがて神妙な面持ちで口を開いた。
「思ったんだけどさ、最近お前のイベント企画、なんか同性向けに寄ってね?」
「え、そ、そんなことないですよ」
 核心を突かれて動揺の余り口調が乱れた。鋭い、鋭すぎるぞ。
「前まではもっと合コンだの寮祭だの、もっと女の子呼びやすいものを意識してたはずなのに、ここ最近はスポーツ大会、カレー会だろ? 今回のBBQはまあ女子も呼べるけど、執拗に肉推しなのが気になるしな」
「そ、そうですか? 僕は男女問わず……」
「ひょっとして趣味変わった? いや、俺は別にそういうのは気にしないけど……」
「へ? いやそうじゃなくてですね」
 かぶりを振った勢いで眼鏡が落ちる。先輩が拾い上げた瞬間、不審な顔をした。
「なんかこれおかしくない? お前が女の子に見えるんだけど」
「そういう仕様なんです……」
 バレてしまってはしょうがない。私は赤面しながら説明した。
「もう、目に入るのが一緒なら現実がどっちでも関係ないかなって……分かりますよね?」
「飢えすぎだろ……引くわ……」
 先輩は理解してくれなかった。