7/7〜7/13

 台風の影響で予定していた飛行機が欠航と決まったのは、出発カウンターでご飯を食べていた時だった。折角取った有休だったが、自宅で寝て過ごすことになりそうだ。向こうの天気が悪いのは分かっていたし、出発が見合わせで大幅に遅れていたからある程度は覚悟していた。しかし、実際に乗れないとなるとやはり鬱屈した気分になる。人の想いや技がいかに凄くとも、大自然の猛威には勝てないのだということを改めて思い知る。
 空港から外に出ると、空は薄暗い雲に覆われていた。まるで私の気分におあつらえ向きの天気である。見上げていると、雨がポツポツと顔に当たり、雫が頬から首筋を伝っていく。
 雨のお蔭で会えないなんて、まるで七夕の二人みたいだな、と思った。
 自分やアイツを織姫や彦星に例えられるほどロマンチストじゃない。私と似たような思いをしている人だって沢山いることだろう。でも、だからこそ、私たち人間よりもずっと大きな存在である彼らには、銀河の辺境にある小さな惑星の一部地域の天候ごときに逢瀬を左右されて欲しくはなかった。七夕に雨が降ったら二人は会えないなんて意地悪なことを決めたのはいったい誰なんだろう。別に雨が降ったぐらいで恋人に会いたい気持ちは冷めたりはしないのに。泳いでだって、飛んでだって、会いに行きたいのに。
 気付けば雨は本降りになり、身体がじっとりと濡れそぼっていた。顔もすっかりぐしゃぐしゃだ。私がしゃくり上げると、その勢いで雫が口に滑り込む。しょっぱい。泣いてなんかない。これは、雨だ。
 私は手で顔を拭うと、雨傘を買いに売店へと駆け出そうとした。「そうとした」というのは、実際には出来ず、腕を後ろに引っ張られて転ぶことになったからである。
 腕を掴まれたまま地面から引き上げられる。ソイツの顔は笑ったような困ったような感じに見えた。
「なんで……」
「それはこっちのセリフや」
 ソイツは片手に抱えた鍋を見せて言った。
「人が折角雨を頭の上に降らして気分出してやっとるのになんで突っ込んでくれんのや!」
 私はハッとして辺りを見渡した。
 雨は、降っていなかった。
 男が家に帰ってくると、ボロきれを纏った老婆が扉の前で待っていた。
「ああ、良かった! お帰りが遅くなったらどうしようかと思っていました」
「なんだ? あんた誰だ」
「あの、私は神です」
 突然の名乗りに、男は動揺した。老婆は続けた。
「先日、捨てられそうになっていた私を助けてくださいました。その御礼がしたくて参ったのです」
 男は困惑した。どうやら、ちょっと頭のおかしい人に目をつけられてしまったらしい。変なことになる前になんとかして適当に追い返さなければ。そう思っていると、老婆は突然口をガパと開いた。
「すぐに出しますからね」
 そう言うと、老婆は口から唾液をだらだらと零し始めた。金の糸がつうーっと跡を引いてキラキラと光る。
「おい! ちょっと待て!」
 男は慌てて止めた。ボケ老人に関わりたくはないが、部屋の前をよだれでドロドロにされては堪らない。老婆は不服そうに口をつぐんだ。
「あんた、何してるんだ。どうして俺の部屋でよだれを垂らそうとする」
「何って、先ほども申しました通り、私は神です。あの時助けていただいた御礼がしたくて、こうしてよだれを垂らしております」
「それは聞いた。どうして御礼がしたいとよだれを垂らすことになるんだ」
「ご迷惑でしたか?」
 自称神は声を震わせた。
「けれど、私にはこれぐらいしかお渡し出来るものがないんです」
「あー分かった分かった。婆さん、おうち分かる? 家族の人は?」
 男は半ば強引に老婆の話を打ち切ると、手を取って歩き始めた。見知らぬ他人の妄言に付き合うのは面倒だが、これ以上家の前にいられる方が厄介事が増えそうだ。最悪交番にでも連れていって徘徊老人だとでも言えばいいだろう。
「ちょ、ちょっと、どこへ連れていくんですか。せめてツバをもうひと垂らし……」
「はいはい、静かにしてねおばあちゃん」
 老婆の抵抗を抑えながら、ふと汚れた地面を振り返る。垂れたよだれは金色に光り、地面がまるで金属メッキされたようになっている。つややかな表面はしっかりと固まっているかのように平らで、叩くとコツコツと音がしそうだ。光を反射して鋭い光沢を放っていた。
「金のつば……?」
 男は自分の口から溢れた言葉に少し驚いた。やれやれ、いくらなんでも人の唾液から金属が分泌されるなんて、そんなことあるわけがない。俺も少しボケたかな。
 老婆の抵抗を抑えながら、男は来た道を戻っていった。
 土下座するスーツ姿の二人の男。その先には着流しを着た一人の壮年の男が胡座になり、目を瞑って腕組みをしている。やがて着流しの男が口を開いた。
「分かりました。どれほどのものになるか分かりませんが、やれるだけやってみましょう」
「で、では」
「ただし」
 右側のスーツの男が顔を上げる。メガネをかけたその男を目で制すと、『先生』は言った。
「私の作業中は絶対に部屋の中には立ち入らぬようにしていただきたい。絶対にですぞ」

「そう言われると覗きたくなるんだよな……」
 メガネの男は一人、障子の前に立っていた。もう一人の部下は寝室でぐっすり眠っている。
「ちょっとだけ、進捗を確認するだけだから……」
 そう呟きながら、音を立てないように慎重に障子を開けていく。隙間からまず目に入ったのは、巨大な『柱』がゆっくりと動いているところであった。その下には白い巨大な紙がまるで絨毯のように敷かれている。彼ははたと気付いた。あれは柱ではない、『筆』なのだと……。
「ひえっ」
 思わず声が喉を通り過ぎる。慌てて口を手で塞いだがもう遅い。ゆっくりと書家の男がこちらを振り返る時間が永遠にも感じられた。眼鏡越しに目と目が合う。怒られる。そう思った時に、書家は口を開いた。
「逃げなさい……」
 逃げろ? 一体どういうことだ。そう疑問に思い、改めて書家の顔を見据えた彼は、その目が死んだ魚のように濁っていることに気付き戦慄した。光彩に力はなく、こちらを見てはいるが焦点はまるで合っていない。昼間とはまるで別人だった。
「う、わ」
 いつの間にか腰が抜けて尻餅をついていた。恐怖に支配されながら、彼は意識が薄らいでいくのを感じていた。

 翌朝、部下の男は書家の作品を満足げに見ていた。『魂を込める』と言われるだけあり、凄まじい、生気の迸る筆致だ。
「流石ですね。依頼して良かったです」
 部下がそう言うと、書家は顔を曇らせた。
「そうですか。私も完成してホッとしています。もっとも、それで良かったのかどうかは分かりませんが……」
「ちなみに、これはなんと書いてあるのですか?」
「これは『オソレ』ですね。畏怖・恐怖と言った感情が人から溢れ出る様を表現しています」
「なるほど。確かに見ているだけで私も震えてしまいそうになります」
 それにしても上司はどこに行ってしまったのだろう。この書家を推したのは上司自身だ。早くこの作品を見せてやりたいものだ、と部下は思った。
 議員は事務所奥でテレビを見ながら気を揉んでいる。
「ええい、当確はまだか!」
「落ち着いてください先生」
「これが落ち着いてられるか! 一世一代の大勝負だぞ!」
 秘書の声に髪を振り乱して叫ぶ様子は、とても先日まで胸を張って駅前で演説していた人と同一人物とは思えない。このままだとノイローゼで死にそうな顔をしている。少し元気付けてあげた方がよさそうだと秘書は思った。
「じゃあ気分転換に、ちょっと練習してみましょうか」
「練習? なんの練習だ」
「当選した時の万歳の練習ですよ。そんなんじゃいざやる時に声がかすれて情けない感じになっちゃいますよ」
 秘書がそう言うと、議員は目をむいた。
「そんなことして落ちたらどうするんだ!」
「だからあくまで練習ですって。リラクゼーションだと思って気楽にやりましょう。それに、もしかしたら練習することで当選を呼び込めるかもしれないですし」
「呼び込む? どうしてそういうことになるんだ?」
「だってほら、言霊信仰ってあるじゃないですか。神様がこちらの万歳の祈りに気付いて配慮してくれるかもしれません」
「そ、そうか? 本当に起こるか?」
 秘書があまりに熱を込めて説得するうちに、議員も段々そんなことが起こるような気がしてきた。
「きっと起こりますよ。ほら、やって見ましょう。はい万歳三唱!」
「バンザーイ……バンザーイ……バンザーイ」
 秘書の掛け声に、議員がおっかなびっくり復唱する。
「声が小さい! やっぱりかすれてますね。もう一回行ってみましょう。はい万歳三唱!」
「うう、ば、万歳! 万歳! バンザーイ!」
「そうです! その意気です!」
 議員と秘書が盛り上がっていると、点けっぱなしのテレビからアナウンサーの興奮した声が飛び込んできた。
「○○候補、当選確実です! ××候補、事前の調査では優勢と見られていましたが及びませんでした」
 議員は万歳のポーズのまま崩れ落ちた。秘書はそれを見下ろしながらすげなく言った。
「ま、こういうこともあります」
 口の中に痛みを感じて目を覚ました。洗面所の鏡で確認してみると、米粒大程度の白いデキモノが三つ三角形状に並んでいる。恐る恐るつついてみると鋭い刺すような痛みが口内を駆け巡った。
「ひゃあ、痛い」
 我ながら間抜けな行為に間抜けな声だ。触れば痛いに決まっているのだが、触ってみないと気が済まないのだからどうしようもない。戻って寝ようにもズキズキとしたうずきで完全に目が冴えてしまった。鏡の中の出来物の三角形を改めて見直す。こうして見るとなんだか顔みたいな形をしている。
「チクショウ、寝かせてくれやこのデキモノ野郎」
 そんな風に思いながらもう一度つつく。痛みと共に可愛らしい声が洗面所に響いた。
「痛ってえ!」
「痛い! やめて!」
 それは自分のアホ丸出しの声とは明らかに違う声質のものだった。甲高く澄んだ、強いて例えるなら女子供の出すような声。誰かいるのだろうか? 息を潜めていると、その声が再び喋り始めた。
「あーあ。なるべくバレなようにしてたのにバレちゃったね」
「何だお前。何の話をしている?」
 俺が声に問うと、声はあっけらかんとした調子で答えた。
「僕は口内炎。君の口の中に住んでいる白いデキモノの精だよ」
 俺はあまりの意味不明さに言葉を失ってしまった。口内炎? デキモノの精? なんの話をしているんだ。
 声はこう続けた。
「皆は痛がって僕のことを敬遠するけどさ、僕だって好きで出来るわけじゃあないんだよね。大抵は皆の不摂生から僕は生まれるわけ。言うなれば、生活の乱れを警告する役割を果たしてるんだよね。とはいえ、こうやって喋れるようになることは滅多にないし、中々伝わらないことも多いけど」
「それで? 何のつもりだ」
「あー、やっぱり怒らせちゃった。本当はこんな形で会話するつもりじゃなかったんだ。だけど君があまりにしつこく触るもんだからつい声が出ちゃって。君も悪いんだよ? 口内炎は触ると化膿して悪化することもあるんだ。だから……」
「もういい」
 俺は調子に乗ってベラベラ喋る声を途中で遮って言ってやった。
「いくら息子の声に起こされたからって変なアテレコして困らせるな。クソ恥ずかしいだろ」
「あら、別にいいじゃない。誰が聞いてるわけでもなし」
 声のトーンがガラリと変わった。今度は有閑マダムのような艶のある声だ。
「聞いてなくても恥ずかしいんだよ!! 分かれ!!」
 俺の声は半分泣いていた。
 実験結果がおかしかったのでボス(先生)に相談しに行ってみると、ほとんど一瞥もせずに「ああ、やり直し」と言われた。
「実験結果がおかしくなったんでしょ。横着してマスクや手袋なしで実験でもしたんじゃないの?」
「え、すごい。どうして分かったんですか」
「そりゃサンプルから圧倒的コンタみを感じるからね。これだけの量が混じってればもう部屋にサンプル持ち込まれただけでも分かる」
 ボスは自信たっぷりだけど、コンタみってなんだろう。人間の感知出来る成分なんだろうか。
「もっかい、今度はシャーレちゃんと洗って。それから横着しないでマスクや手袋はすること」
「はい。ありがとうございました」
「これぐらいは自分でも分かるようになってもらわないと困るなー」
 後ろからキツいお言葉を追加で頂きながら教員室の扉を閉じる。去りがけのイヤミがなければいい指導教員なんだけどなぁ。

 学生室に戻るとフェローの先輩が来ていた。いつものオリピン弁当をパクついてる。
「どうしたのその顔? ああ、サンプル先生に見せにいったんだ。どうだった?」
「いやあ、怒られちゃいました。こんな出来損ない見せに来るなって……」
「どれどれ……ああ、こりゃ確かに酷い。髪の毛混じってるよ」
 先輩は私のサンプルを覗いて軽く顔をしかめた。
「俺もちゃんと指導してあげれば良かったよ。今度サンプル取る時は居たら呼んでよ」
「分かりました。でも凄いですよね。先生なんか見もしないでコンタミだらけだって一瞬で看破してましたよ」
「ああ、なんでもコンタミの濃度が直感的に分かるらしいよ。第六感みたいなもので、まあ信頼性はないんだけど、不思議と当たるんだよね……」
 以前の先輩の研究で前例のないデータが出て喧喧諤諤の議論になった時は、「わずかながらコンタみを感じる」と主張したボスが当時の教授と鋭く対立したらしい。最終的に意図的にコンタミネーションを入れたサンプルによる対照実験が行われ、ボスの意見が正しかったと証明されたのだそうだ。
「便利そう……経験を積めば分かるもんなんですかね」
「さてねえ……」
 先輩はそう言うと、メインのチキン南蛮に箸をつけた。
「おっふ、埃くせえ!」
 咳込む先輩に、思わず私は聞いた。
「コンタみ感じました?」
「感じた感じた、圧倒的コンタみだわこれ。食えば分かる」
 我々は声を揃えて笑った。
 二人がホテルの部屋に入ると同時に、外は暗くなり稲光が周囲と照らす。そしてにわか雨が降り始めた。予報の通りだ。
「凄い雨だー。間一髪だったねー」
 制服を身につけた少女は窓に駆け寄るとペタリと顔をつけて外を覗き込む。
「やめなさい。はしたない」
 男が軽くたしなめると、少女は顔を男に向けた。あどけなさと蠱惑的な笑みが同時に浮ぶその顔は、彼女が少女と大人のちょうど端境期にいる事を示している。
「そんなこと言って、これからあたしにはしたないことしようとしてるのはどっち?」
「なにを言うんだ。私は別に」
「ハイハイ。取り繕わなくてもいいよ別に。あたしは警察じゃないし、おじさんも口うるさい生徒指導のクソ野郎じゃない。そしてここは、雨宿りに立ち寄ったスタバでも喫煙所でもない」
 それに、と小首を傾げて、唄うように彼女は続けた。
「もう、前金は貰ったしね……」
 ドーン、と遠くに雷が落ちる音がした。

 二人は部屋の中心にある小さなベッドの上で向かい合っていた。男は全裸、少女は制服を脱ぎ、下着姿となっている。部屋の大きな証明は消され、常夜灯と外から差し込む僅かばかりの光に二人の裸体が浮かび上がった。二人ともほとんど微動だにせず、ただ時々、男の頭が動きと同時に少女が身を震わせ、時折溜息とも呻き声ともつかぬモノを発していた。雨は激しさを増し、バラバラと窓ガラスを叩く音がサラウンドで絶え間なく室内に響き渡る。
「ま、待って……」
 窓が瞬間的に明滅し雷光を知らせると、少女が呟いた。男の顔を押し留めようとするが、その動きは至極緩慢だ。
「これ以上は、駄目……本当に、駄目なの……」
「ふふふ。まだそんなもの信じてるんだ。可愛いね」
 男は少女の抵抗をものともせずに顔を少女に近付けると、ベロリと舌を出して舐め上げた。少女が小さく呻く。
「全部舐め取ってあげるからね……」
 男の舌がもう一度伸びると、少女の下腹部に触れた。そこに先ほどまであったはずの臍のシワは、ほとんど消え去っていた。
「いや……誰か、助けて……」
 執拗に少女の下腹部に陣取って舌を動かす男の目は、ギラギラと血走って鬼のごとき形相を示している。少女は逃げようとするが、陵辱され尽した肢体には力は入らず、男にとっては抵抗もなきものに等しい。
 稲光とほぼ同時に辺りの空気を震わせるほど激しい雷鳴が轟いた。少女の目には、男の頭に生えた角が見えたような気がした。
sage