3/3〜3/9

 生徒会長というのは根本的に貧乏くじである。学業に何の関係もない雑務ばかり。毎日文化祭準備させられているようなものだ、と佳織は思う。生徒会長が有能である必要など全くない。少なくとも佳織は優秀とは程遠かった。
「おやおや溜息ですか。らしくないですね」
 軽口を叩きながら生徒会室に入ってきたのは、副会長向田勇だ。佳織とは幼稚園の頃からの間柄で、誰にでも人当たりがよく、文武両道、人好きのする端正な甘いマスク、まさに絵に描いたような優秀者である。どういうわけか、気付くと佳織のそばにいることが多い。佳織が生徒会選挙に立候補することになったときも、いつの間にか副会長に立候補していた。どうせやるなら自分の代わりに生徒会長をやってくれと言ったのだが、勇は「佳織は会長です」とにべもなかった。
「申請書の承認は終わりましたか、佳織?」
「会長様と呼べ。手伝う権利をやるぞ」
「仰せのままに、会長様」
 どこまでも慇懃な態度の勇に、佳織はフンと鼻を鳴らした。勇はいつもこうなのだ。自分よりも圧倒的に優れているのに、こうしていつも3歩後ろに下がって付き従っている。そのくせどんな無茶でも平然とこなしてみせるので、最近は本当に必要な無茶振り以外はしないようにしていた。
「なんで私なの?」
 うっかりそう口にしていた。勇がこちらを見たのが分かる。しまった、封印して墓場まで持っていこうと思っていたのに、という想いと、この際だ全部ぶちかませという想いが頭の中で交錯する。
「なんで、どうしてこんなによくしてくれるの。私は馬鹿だし、人付き合いも悪いし、可愛くないし、あんたに相応しい人なら、もっと他に……私と一緒にいると、あんたまで駄目になっちゃう……!」
 途中からはほとんど悲鳴になっていた。
「佳織じゃなきゃ駄目ですよ」
 静かな声に気圧されて佳織はおし黙った。
「佳織じゃなくちゃ駄目なんです。理由なんて分かりません。僕の横に佳織がいる。僕が佳織を支える。その事実が重要なんです。逆じゃ駄目です。離れ離れはもっと駄目です」
 勇の怒り。それは幼馴染の佳織だけ分かるような、ほんの微かな感情の発露だった。気不味い沈黙が場に流れた。
「何か、その、ごめん。変なこと言って」
 やっと、それだけを佳織は口にした。穴があったら入りたい、と思った。
「構いませんよ」
 勇は柔らかく笑った。
「いつものことですから」
 これだからイヤなんだ、と佳織は思った。
 最近になって、変なブザーの幻聴が聞こえるようになった。2秒おきに2秒の間隔で、無機質な「ブー」という音。そんなに大きな音ではないし、何かに集中しているときは特に気にならない。しかし、回りが静かだったり、やる事を終えてリラックスしたりするタイミングで、ブザー音は突然鳴り始める。耳鼻科に行ってブザー音の話をすると、ロクに症状も聞かずに医者は言った。
「分かりました。その症状については専門のドクターを知っていますので、紹介状を書きましょう」
 怪しいとは思ったがやはり耐え切れず、私はその個人病院に向かった。

 出てきたおっさんは胡散くささの塊だった。はっきり言って医者にも見えなかったが、ここまで来たら乗りかかった船である。私は言った。
「ブザーの耳鳴りが酷いんです。直してください」
 男は微笑んだ。
「よくうちまで辿りついてくれました。貴方のそれ、実は病気ではないんです。よく聞いてくださいね」
「病気じゃない? いやいや、じゃあこれが正常だって言うんですか」
「正常というわけじゃないですが、貴方の身体や心がおかしいのでもない。悪いのは外部から放射されるその音なのです」
「外部?」
 頭が混乱する。ブザー音が強くなった気がした。
「特殊なスピーカーから、特定の人間にのみ聞こえる特殊な音波を射出する実験が行われているんです。しかもその音は、非常に危険な性質を持っています。詳しくは分かりませんが、我々は、音を通じて、人に指令を与え、意志を操ることが出来ると考えています」
 音は確実にうるさくなっていた。頭がガンガンして、私は額に手を当てた。
「私たちは計画を阻止すべく、貴方たち被験者を探していたのです……ちょっと? 聞いてますか?」
 男が私の顔を覗き込んだが、それに構う余裕はなかった。頭が割れんばかりに痛い。何かを言葉にしようとして出来ないまま、私は意識を手放した。

 私が目を覚ますと、そこはさっきの病院のベッドの上だった。隣にはあの男が寝ている。夜通しの番でもしてくれたのだろうか。
 ブザーは頭の中で鳴り続けていたが、私の心はもう穏やかになっていた。ほら、今も語りかけている。うるさくなんてない。この音に導かれるがままに行動していれば、私は幸せに暮らしていけるのだ。だからまずは指示通り、良からぬことを企む悪い奴らを殲滅しなくては。
 私は晴れやかな気分で、目の前にいるクズを張り倒した。

「ねえ〜、もっと突いてぇ」
 女の鼻にかかった甘ったるい声が耳にじとりと残る。男が無言でそれに応えると、女から「あぁん」と嬌声が上がった。むせかえらんばかりの淫臭、汗と生乾きのシーツから立ち登る湿気、パンパンと肉を打ちつける音や卑猥な水音。享楽に生きる男と女が密集する空間がそこにはあった。
 突如、凄まじい音が響き、数人の男女が入口から現れた。この場所にはおよそ似つかわしくないような完全武装、顔は白い三角巾で覆われている。あっけに取られて行為を中断した者たちの目の前で、一人の男がマスクを外し、こう宣言した。
「ここは我々、武装組織『イノセントライフ』が占拠した! 我々は貴様ら汚穢的行為者に対し何の遠慮も同情も持ち合わせない! ただちに性行為を中止せよ、さもなくば射殺する! 繰り返す! 投降し従わない者は汚穢的行為推進派と見なし、以降警告なしに射殺する!」

 リーダーの宣言を聞きながら、一葉は奇妙な感覚を覚えていた。この部屋に入ってから妙に身体が火照るのだ。興奮も高まっている気がする。最初は突入に伴う戦闘の高揚感かと思ったが、感覚は次第に、「悪しき」「汚穢な」感覚を呼び覚まし始めていた。リーダーもそれを感じているのか、指示を出す声が少しかすれている。何か、何かがおかしくなってきている。
「きゃんっ、あっ、いやっ」
 突如、隣から嬌声が上がった。一葉は振り向き様に射殺しようと構えた。
「優里香!?」
 同じ突入班のチームメイトだった。一瞬の戸惑いと躊躇。それが一葉の命取りとなった。
「さあ、一緒にいい事しましょうね〜」
「なっ、貴様、離せ、あっ、いやっ、あぁん」
 いつの間にか後ろに回っていた裸の男に羽交い締めにされ、荒々しく装備を脱がされる。漏れ出た自分の嬌声に一葉は唖然とした。
 気がつくと襲撃班の面々は裸の群集に襲われていた。中にはほぼ装備を脱がされて全裸で身悶えしている者もいる。「おぞましい」喘ぎ声が、「反社会的な」快感にくねる肢体が、自分達を裏切る。それは恐怖の体験だった。
 一葉の耳元で、裸の女が囁いた。
「フフフ、私たちは性的快楽推進団体『ネイチャーデザイア』。貴方たちは罠にかかったの。もう焚きつめられた媚薬とセックスの快楽から逃がれることは出来ないわ……精々楽しみましょう? 悦楽に彩られた新しい人生を」
 逃れられない快楽に追いつめられていた一葉には、最後の言葉は届くことはなかった。
 隣の席の天さんは、いつも変なことばかり言う。基本的にはウケを狙ったボケだと思って適当に相手するのだが、本人は至って真面目な顔をしており、適当にあしらわれると不満そうな顔を浮べる。今日はこんな感じだった。
「ミハル、俺は子供の頃にあった事実を改変することが出来るんだ。凄いだろ?」
「へー、そうなんですか。それは凄いですね」
「おい、いい加減信用しろ、俺の言うことを。いいか、こうして目を瞑って瞑想をするとだな……」
 聞いてもいないのに実践を始める天さん。まだ業務時間中だっつーの。
「天さん、目閉じてると危ないですよ」
 当然だが、やんわりとした注意を聞き入れてくれるような人ではない。
「ほら来た、来たぞ、目の前に小学校時代の自分が見えるんだ。見えるか?」
「見えませんよ。見えるわけないでしょう」
「この小学生の自分の頭の中に入り込むんだ。頭に乗る感じで行くといい。うまく勢いをつけて踏んづけないと途中で引っ掛かっちゃうから気をつけるんだぞ」
 この状態になると天さんはもう止まらない。私に出来るのは適当に話を合わせて早く元に戻ってくれるのを願うだけだ。あとで課長に怒られるのは私だから困るんだけどな。
「どうだ、こうして小学生時代の自分の身体に入ることで、小学生時代に物理的に干渉することが出来るんだ。例えば」
 そういうと天さんは空中に何か書く真似を始めた。
「30年前にあっただろ? 列車と自動車の多重衝突事故が。自動車のエンストは止めようがないから、鉄道会社に爆破予告の手紙を書くんだ。車両点検でもしてくれれば運行が遅れて事故は起きないってわけ」
「衝突事故は覚えてますよ。ABSが整備不良で壊れてたとかなんとかで、この間和解が成立してましたよね」
「そう! こうやって起きてしまった事故を未然に防ぐことで俺は世界の平和を守っているのだ。よし、投函したぞ」
 天さんがやっと目を開けた。妄想タイム終了の合図だ。ホント、ちゃんと仕事してくれれば優秀なんだけどな。微かに溜息をつくと、天さんがニヤニヤしながら私に聞いた。
「どうだ?」
「何がです?」
「30年前の列車衝突事故だよ。なくなったろ?」
「何の話をしてるんですか? そんな事故記憶にありませんけど」
 だから、こういう妄想を勘弁して欲しいと言っているのに……。
「そうだろう、それでいいんだ」
 天さんは満足そうな顔で頷いている。いいから早く仕事に戻って欲しい。
 貴方は野外プレイ愛好家だろうか? もしそうならば、今月いっぱいは杉○区議会の議論に注目した方がいいかもしれない。
 杉○区議会で2週間前に提出された条例の改正案は、「路上猥褻行為禁止条例」と呼ばれているものだ。これは、「生活安全に関する条例(いわゆる路上喫煙禁止条例)」の改正案として提示されているものであり、文字通り路上における性的行為に関する取り締まりを規定することになっている。この改正案が可決されれば、杉○区内の公道において猥褻な行為に及んだものは2万円以下の過料を課せられることになる。
 こうした条例案は、一部の市民の要望によるものだとサカシタ区長は説明する。「性行為が生殖、出産と切り離され、娯楽としての性行為や対人コミュニケーションとしての性行為が増加しています。こうした社会の急速な変化には肯定的な人と受け入れられない人がいますから、自治体としては住み分けが出来るよう、公的な場所を管理していく義務があると考えています」
 公的な場所での猥褻な行為が風紀の乱れを産むという認識は、以前は広く社会的に共有されている意識でもあった。議会に条例設置を働きかけた団体『杉○区の風紀を守るネット』代表のエガミ・アヤノ氏はこう語る。「公道は若者だけの場所ではありません。老人や子供、赤ん坊を連れた養親が猥褻行為を見かけたらどう思うでしょう。他者に害意を与えたり、児童の発達に悪影響を与えうる内容は、家の中で隠されて行われるべきなのです」
 こうした考えは至極一般的なものに思える一方で、反対者はこうした考えの為に条例を改正するのは現実的ではないと主張する。「この国には既に『公然猥褻罪』や『猥褻物陳列罪』などが刑法で規定されています。杉○区で他地方と比べて野外プレイが流行っているというわけでもありません」と『セクシュアル・ライト・ナウ』のイトウ・シンゴ氏は言う。杉○区は「条例案における性的行為は刑法における猥褻行為に収まらない範囲に限定されるものであり、刑法とは衝突しない」と説明しているが、イトウ氏は「猥褻でない性的行為を規制する合理的な理由がない」と反発する。
 かつて、煙草は現代とは比べものにならないほど人口に膾炙し、多くの人が親しむ嗜好品だった。それを駆逐する切っ掛けとなったのが、「路上喫煙禁止条例」の流行だ。現代の潔癖症患者たちは、セックスにも同じ道を辿らせようとしているのだろうか。
 試験会場となる中庭広場には大きな時計塔が立っており、その根本に仮設の試験場が3つ設けてある。学生は順番にそこに入って、試験監督の目の前で実技試験をすることになっていた。
 自分の試験を終えると、私は昨日今日限定で弟子のミッコ、シザキ、ヒダリの3人に最後の訓示を行った。
「いい? ここまで来たらもう出来ることは限られてる。落ち着いて、集中する」
 期末で出されるのは染色魔法、浮遊魔法、発火魔法の3種類のどれか。ミッコは浮遊、シザキは発火、ヒダリは染色がそれぞれ苦手だった。苦手でないものはそこそここなすのだが、そうでない奴は暴走を始めるともう始末のつけようがない。昨日一日で矯正するのは、如何に学園一の才女と言われる私でも不可能だった。
「緊張したら、そうだね……時計塔のてっぺんのことでも考えるんだよーー聞いてる?」
 私は皆の顔を見渡した。ミッコは目をギョロつかせながら時計の針を睨んでいるし、シザキはしきりに舌打ちを続けている。ヒダリの半開きになっている口からよだれが垂れそうになっているのを見て、私は彼女たちが得意分野の問題に当たることを願った。

 彼女たちが試験場に入ってすぐ、ゴゴゴ……というイヤな振動が地面を震わせ始めた。地震? いや違う、この振動はもっと直接的な、工事の時のような……何か地面から抜き去られていく時のような……。
 私がハッとして時計塔に目をやると、ちょうど塔の基礎部分が地面から抜けようとしてるところだった。試験場は3つとも完全に壊れている。右端の試験場の中から、ミッコがもの凄い顔をして塔を睨んでいるのが見えた。
 ミッコ、と私が叫ぶより早く、塔は宙に浮いたままカラフルに色付き始めた。ヒダリの口からは謎の詠唱が間断なく呟かれているに違いない。
 皆が固唾を飲んで見守る中、最後に塔は、奇怪な色の炎を上げるとイヤな音を当てて飛び散った。シザキが呆然としながら塔だったものの消し炭を眺めていた。

「追試いつ? まだ勉強するんでしょ」
 試験の打上げと称して私の部屋に上がり込む3バカ達に、気を効かせて私がそういうと、ミッコがこう言った。
「いやぁ、個人教授はもういいかなーって……」
「どうして? まだ出来てないでしょう」
「だってナツの顔見るたびにあの花火思い出しちゃう……プククッ」
「いやあ、デカい花火だったね」
「最高に汚かったけどな」
「ハッハッハッ」
 二度と教えまいと私は思った。
 ピッ、という鋭いホイッスル音と共に、エアロックが一斉に開いて先輩たちが飛び出していく。僕も次に続くべく、前の先輩が出ていって無人になったエアロックに入った。EVAの中でもフリースタイル50mはスタートが肝心だ。ロックの扉を開くギリギリで保持し、スタート態勢を取る。
 先ほどと同じホイッスル音がヘルメット内のスピーカーを通して響く。顧問の先生がプールの真ん中からリモートで鳴らしているのだ。僕がドアを開くと、2コースの彼女は既にエアロックから外に出ていた。早い。負けじと僕もプールの中へ飛び出した。

「おっと、もう時間か。今日はここまで、各自宇宙服を片付けて上がるように」
 顧問の声で、めいめいがヘルメットを脱いで更衣室へと向かい始める。僕はちらっと後ろを見やった。
 彼女はちょうど宇宙服の上半身を脱いだところだった。手伝ってもらった一年生から服を受け取って、エアーで洗浄を始めている。恐らく十何年とやってきたのだろう手慣れた動きだ。一瞬目が合いそうになって、慌てて顔を逸らした。やべえ、顔赤くなってないかな?
 EVA部に入部してから3ヶ月。高校から始める奴が多いとはいえ、高校2年の秋からという奴は少ない。おかげで同級生の奴らに追いつくのに苦労した。彼女は、僕が追いつけていない唯一の同学年だ。部内でも並び立つ者のいない孤高のエース。それが宮嶋京花という存在だった。

 彼女のことを初めて知った時のことを思い出す。友人の告白現場に隠れていた僕は、冷やかすどころか現れた彼女を見て一気にのぼせ上がってしまった。彼女の為ならなんでも出来ると思った。文字通り、何でも。友人が何と言って告白したかはもう忘れてしまったが、彼女の答えだけははっきりと記憶した。
「ごめんね、ワタシのイチバンは、EVAなの。今は、他の人やコトをイチバンに考えるのは、無理だと思う」
 その瞬間に、僕はEVA部に入る事を決意した。彼女がEVAをイチバンに考えるのならば、僕はEVAでイチバンを目指す。EVAで成果を出す時だけは、彼女の視界に入っていられるから。そして、彼女に追い付き、そして追い抜く。そうすれば、いつか彼女が振り向いて……くれないかな。いや、駄目で元々、気にするな。
 僕はいつものように顧問の先生に居残り練習を願い出た。結果を出さない限り、この冬は、まだ終われない。
sage