歪んだ頭の中を磨きながら

20.歪んだ頭の中を磨きながら

近頃お酒を飲むと調子が最悪になるので、咳止め薬やら何やらを飲んだりしてなんとかやり過ごしている。しばらく、肝臓を休めるべきなんだと思う。少なくとも1週間、いや、1ヶ月くらいは。計算してみると、こっちの方が大酒飲むよりは圧倒的に体への負担は少ないようだ。

毎日お酒を飲むのはなかなかに懐に悪い。体にも悪い。精神的には一時的に良くなるけど、後々ものすごく悪くなる。この前も書いたけれども、悪いことだらけだ。だからって他の薬で誤魔化すのが良いことだとは決して思わないけれども。

ただ、人には何かしら依存するものが必要だ。恋人だったり、趣味だったり、仕事だったり、他の何かだったり。依存しない人間なんて存在しないし、どんな聖人やブッダみたいなこの世のあり方を諦めて解脱した人だって、世界そのものに対しては依存してたはずだ。

まあ、そんな風に自分を肯定しようとしてもアル中なんてのは最低だ。人にも迷惑をかける時があるし。とりあえず、昨日は咳止めをたくさん飲んでから布団の中に入った。眠れないけれど、ウトウトと落ち着いた気分で、音楽を聴きながら3、4時間。お酒では感じられないタイプの酔い方の中、いつのまにか眠りに落ちた夢の先では、語られなかった言葉が、語られた言葉についての文句を語っていた。