――先8一角成、後6二飛、先6三馬、後5九角、先6九飛――
 ふと、竹中の手が止まり、残り時間の大半をつぎ込んだ、三十分を超える長考から指されたのは、