七時五三分、まで一〇六手を以て浅井響七段投了。終局と同時に雪崩れ込んできた取材カメラのフラッシュに気付くことすらなく、最後までただ呆然と、魂を抜かれた、人形のような表情。