「これは?」
「後手が2八の歩で桂を取った時に先手同金、その時に玉がここに寄っていなければ後手の角は3七に逃げられたんですが」
「玉を3七に効かせてるんですね」
「ですね。こうなると後手は桂を取れませんし、角が死んじゃってます」
 ――後2四銀引、先1六飛、後3三桂――