「とまあ、お馬鹿な事を話している間に言った通り進みまして、さて次の一手ですが」
「当たると何となく嬉しいもんですね」
「こういう解説は初めてですか?」
「そうなんですよ、今日が初めてで」
「その割に凄く喋れてますね。浅井七段は、もっとこう、クールというか、ぶっちゃけて言うと無愛想な感じの方だと思っていましたが」
「ネクラとは良く言われますね、友達からも」
「フォローが面倒臭くなることをサラッと言わないで下さいよ……まあ、でもそうですね、当たったら何か、お姉さんが個人的に景品出してあげましょう、初出演のご祝儀も兼ねて」
「本当ですか、それは嬉しいですね。じゃあ念力送っておきます」
「2四歩念力ですか?」
「はい、2四歩念力を」
 ――先2四歩――