後手は既に囲いを完了し、攻めの体制を整える状況にある。自然に指すならば7四歩から右桂の活用を図る局面で、響の手は止まっていた。
 ――仮に7四歩と突けば7三角成と先手からの角交換、後同桂に先3五歩がある。一見タダ取りで歩損を解消できそうなものだが、3五同飛とした瞬間に4六角が飛香両取り、後2五歩としても構わず先3五角後2四歩と飛車を取り合い、先3四歩に後3六歩で先手の攻めが一手早く桂損以上が確定。ならば先3五歩には後4四角でどうかと読みを入れる。
 後4四角は後9九角成を見せながら2・3筋の逆襲を狙う手。先手は6六角や7七角の合わせ、或いは、香車を拾わせても7七桂と跳ねれば馬を封じられる計算でこれを放置し、3六飛と回ることもあるだろうか。加えて、以前慈乃と指した時には先3五歩とする前の7七桂も見えていた。後8四飛に2三・2四と叩かれての先3五歩。
 いずれにせよ、後手が明確に良くなる展開は見えず、また、ここまで読んでも、右桂を活用する展開がまるで見えてこないことが引っかかる。
 そして右桂が動けないのなら、わざわざ7四歩として先手の3五歩を許してやる必要も無いのではないかと、そんな考えが浮かんだ。
 何より現状で優先すべきは、先手からの3筋攻めを良いようにさせてはならないということ。右桂の活用に楔を打たれたと認めるのも癪だが、敢えて勝負に乗ったところで確実に良くなる未来が見えないのなら、その筋は捨てるべきだ。――
 一心に読みふける響を尻目に、二階堂は雑魚寝をしていた。曰く、ずっと座っていると腰が痛くなるから、とのことで、響も気にするでなし、指したら教えるとだけ伝えて放置している。
 ――最大の問題は後7四歩と突いた瞬間にチラつく先3五歩にある。であるならば発想の逆転、7四歩を突く前に3五歩と突かせたらどうなるか。
 『敢えて手損する』という発想。一手損角換わり等を指しなれている身としては別段と抵抗のない考え方。たとえばここで後8六歩と合わせて先同歩、後同飛と7六の歩を狙う。先手は3五歩として飛車の横利きを通すしかないが、そこで改めて後8五飛と浮いた歩に狙いを定める。この局面を見れば後7四歩を突いていないため後3五飛としても両取りは消えており、仮に先3四歩とすれば後8八角成から先同銀に後4四角で先手が飛び上がる。現実的には先3四歩は有り得なく、7七桂と跳ねる筋が濃厚、そこで3五飛と歩損を解消しながら相手の出方を伺う。先手から2五飛とぶつけて飛車交換の手順に桂を活用される展開も見えるが、この局面、相手玉は相当に狭い。ひるまず1五角の飛び出しから飛車を打ち込んで勝負。早め早めの展開に持ち込めば、囲いを省いて攻めに出た姿勢を咎められるのではないか。
 本筋を定めて読みを集中。枝を切り捨て、より深く、より先へ……――

 煮え切ったところで一度盤から目を外し、記録係の方へ向く。
「この一手、何分使ってますか?」
「今で、一時間七分です」
 決断しなければならない頃合いだろう。
 儀式的な所作で、小さく、深く、呼吸をしてから、盤に手を伸ばす。
 ――後8六歩――