午後に入ってから下手が4五歩とついて開戦、互いに桂馬を手持ちにする形となったが、どうも仕掛けが悪かったらしい。上手の厚みを破れない下手に対し上手は着々と差を詰めている印象だ。棋力差がモロに出る展開とでも表現しようか、通常駒落ちのプロは下手に花を持たせようと多少の無理攻めをして自陣に隙を見せてくれるものだが、本局はプロの番勝負であり当然そのような配慮はない。
 現局面は以下、上手は桂による両取り、仮に飛車を逃げても銀を取る手がまたも角取りに当たるという気持ちの良い跳躍が見えている。