しかし小寺は長考をすることさえ無かった。五分程度の短い間から、
 ――後七三銀――
まるで初めから全て読み切っていたかのような、7三銀合。