闇の道




 暗闇を歩いている。
 どこからきたのか、どこへいこうとしているのか、わからない。
 ただ歩いている。
 俯いているのか、顔を上げているのか、それもわからない。
 ただ歩いている。
 左から光。俺はそれを飛んで避ける。こちらも応戦、右手から光弾を放つ。敵の気配が闇に溶ける。
 俺はまた歩き出す。
 途中で現れてくる敵の影を撃ちながら歩く。
 敵。敵ってなんだろう。そんなこともわからずに撃ち続ける。
 ぎゃっ
 敵が倒れた。近づいていって顔を蹴る。知らない顔。死んでる。どうでもいい。
 歩く。
 だんだんと感覚が鋭敏になってきて、敵が撃ってくる前に敵を撃ち斃せた。やった。俺ってすげえ。でも誰も褒めてくれない。
 歩く。
 そして気づく。敵が撃ってくる前に撃ち殺してしまったら、倒せたかどうか、そもそも敵がいたのかどうかさえわからない。
 それでも撃たれるわけにはいかないから、俺は撃ち続ける。ひょっとしたら一人相撲、でも手を抜けば殺される。だから撃つ、撃つ、撃つ。
 もう光の弾は襲ってこない。俺ばかりが撃つばかり。
 歩く。
 歩く。
 歩く。
 行く手の闇が晴れていく、そんな気分が少しもしない。



 終