人の話をちゃんと聞かないというのは重たいことなのだ。
 決してやってはいけないことなのだ。
 お互いの話を聞ける人間こそが一番重要な間柄なのだ。
 血は技術に劣る。
 でなければ俺はなんのために……
 なんのために……
 できるのか、神だかなんだか知らないが、上位にあるというその存在に、
 俺と同じことができるのか。
 俺が求めていることを成し遂げられるのか。
 できるもんならやってみろ、見ててやる、ただし、
 できなければ絶対に許さない。
 皆殺しにしてやる。
 その程度の増上慢でこの俺のかしらを下げようなどと、
 よくも思えたものだ、無知無能のともがらどもめ。
 俺が勝つためにはすべての前提を覆さなければならなかった。
 何人死ぬことになろうともだ。
 俺の欲しいものを渡せ。俺の欲しいもの、それは、未知の輝き、不発の世界。
 できないというのであれば、俺より下だ。すべてのものが。なぜって、
 俺にはそれができるからだ。
 だから、
 できる人間の前には跪かなければならないんだ。
 分かるか。
 そうでなければ永遠に何も変わらないんだ。このままなんだ。
 俺は嫌だ。
 死生いずれも俺より格が下なのだ。俺が上だ。俺が一番なんだ。
 やってみろ。俺と同じことを。俺よりも凄まじい質感で。
 できないなら黙って俺の言うことを聞け。
 畜生、眠い! この眠気がすべての悪、そして、
 俺を推さない全ての事柄が、罪悪だ! 俺より先に裁かれるべき愚劣さだ!