世界の終わり






 世界が終わった。
 誰もいない。音もしない。どこにもいくべき場所が無い。
 夏。
 陽炎のたゆたう道をいく。
 灼熱の太陽光が雑菌と色彩を殺し尽くす。
 これでいい。
 汗をたらたら流しながら歩く。転がっている空き缶を誰にはばかることもなく蹴飛ばす。
 カァン
 いい音。
 倒壊した雑居ビルをぶち抜いて生えた木の根元に腰を下ろす。
 梢を見上げる。
 誰もいない。音もしない。どこにもいくべき場所が無い。
 それでいい。



sage